天珠作り老舗(製造元)のカタログ・天珠のカタログ | チベット天珠専門店 awjp
アジアワールドジャパン awjp® 

★チベット天珠(西蔵天珠)作り老舗の参考カタログ★ご紹介各社の正規ディーラー!awjp®

☆チベットは中国の南西辺境地区に位置し 面積は122万平方キロ余り 平均標高は4000メートル以上で
大部分は海抜5000メートル以上の高地で高いところでは7000メートル以上の峰が50以上もあることから
「世界の屋根」と言われています

チベット高原で垣間見られる神秘的なチベット仏教の世界と大自然は
実に壮大な想像を越えた
未知の世界と言えるでしょう!
チベット高原は富士山の頂上と同じ位の高度に有り
そこから 育まれたチベット天珠(西蔵天珠)には その誕生には謎が多く また数々の伝説が有ります
チベットのパワーストーン!西蔵天珠には不思議なパワーがあると言われています

チベット天珠は西蔵天珠と呼ばれ(チベット語のdZi)から
dZi beads(ジィビーズ/ジービーズ)

dZi stone(ジィストーン/ジーストーン)などとアメリカでも紹介されています

☆チベット天珠のほとんどは瑪瑙(メノウ/Agate/アゲート)や玉髄(Chalcedony/カルセドニー)
紅玉髄・紅瑪瑙(Carnelian/カーネリアン)などに特殊な加工を施したものです

☆現在、標準的に解釈されている製作方法は
瑪瑙(メノウ/Agate/アゲート)や玉髄(Chalcedony/カルセドニー)
紅玉髄・紅瑪瑙(Carnelian/カーネリアン)などに天然薬草や特殊な染料を使用して
絵柄(図柄)や文様を浸透させて高温で焼き付け加工を施したものと言われています

最近 特に『出所不明』の天珠が一般市場に大量に流通しています!
『出所不明』の天珠は製造メーカーを何故か隠して販売しています!
天珠に限らず『出所不明』が一番厄介な問題の有る物です!

アジアワールドジャパン awjp®では
◎天珠作りに熱心に取り組んでいる老舗各社の天珠を客観的に見つめてご紹介いたしております


近年、日本でも天珠人気が上昇中です!アジアワールドジャパン awjpでは

お客さまから全てを紹介したカタログ的なものは、無いのでしょうか?
とのお問い合わせにお応えしたいと思います

チベット(西蔵自治区)で育まれ、代々その製法を家宝として受け継がれた巨匠が匠の技を活かして
今も、なお研究開発を重ねて天珠作りに頑張っておられる代表的な天珠の老舗の参考カタログを
ご紹介いたしましょう!


アジアワールドジャパン awjp® はご紹介する各社の正規ディーラーです
運営者、自らが定期的に各社に直接出向いて
数十万点の天珠の中から磁波(波動-パワー)の強い、これは良いと感じる天珠のみをチョイスして
ご紹介いたしておりますので参考カタログのあの天珠が欲しい同じ天珠が複数欲しいと注文されても
手元に無いものや入手出来ない天珠も沢山有ります

天珠は素材になる天珠石(瑪瑙や玉随・紅玉髄・紅瑪瑙)の質や仕上がった時期、釜の状況などにより
仕上がりが微妙に違い一点一点の表情が違います
よく似た天珠は有りますが全てが一点物で世界で一個のみの天珠です


■黒白でシンプルな至純西蔵天珠やカラフルに創られた夢幻天珠®と火供龍紋天珠®は伝統を受け継いだ
 巨匠がその卓越した匠の技と近代技術を駆使して創りあげたチベット伝統工芸品の“西蔵天珠”です

☆代表的な天珠作りの老舗 各社の参考カタログ 提供:アジアワールドジャパン awjp®
天珠の老舗 各社の名前をクリックして下さい(大きな画像にジャンプします)    
天珠の老舗 各社
カタログ表面
カタログ裏面
上肯天珠1
上肯天珠2
上肯天珠
 藏傳夢幻天珠
上肯天珠3 上肯天珠4
上縁天珠
 正宗 西蔵紅玉髄天珠
上縁天珠
寶源天珠
 寶源正記 老礦龍紋天珠
 寶源風化 至純西蔵天珠
寶源天珠
品豪天珠
 八大観音發財神咒
 夢幻老礦天珠
品豪天珠
品豪天珠
 夢幻老礦単眼招財咒
品豪天珠
台湾小盧天珠
 至純西蔵天珠
小盧天珠 小盧至純西蔵天珠 小盧天珠-小盧至純西蔵天珠
天眼珠系列
天眼珠 天眼珠系列

天珠の老舗 各社の名前をクリックして下さい(大きな画像にジャンプします)
☆天珠カタログの配布はいたしておりませんのでご了承下さいませ。

◎“火供龍紋天珠”と“夢幻天珠”とは 当サイトの運営者個人が所有する「登録商標」です
◎“アジアワールドジャパン”と“ awjp”とは 当サイトの運営者個人が所有する「登録商標」です
☆掲載の画像・文章の無断使用・転載は禁じていますのでご注意下さいませ☆


サイトマップ(sitemap)

天珠のネット通販・チベット天珠専門店 awjp 天珠の意味 概要と由来 お問い合わせ
Copyright (C) 2002 アジアワールドジャパン awjp. All Rights Reserved.